マンション売却から確定申告までの流れ

マンションを売却しようと決めた場合、どのような流れで進めていけばいいのでしょうか。マンション売却にはどのような手続きが必要なのか、簡単にまとめてみました。

まずは自分のマンションの売買を仲介してくれる不動産業者を見つけ、自分のマンションがどれくらいの価格で売却できそうなのかを査定してもらいます。できれば声をかける不動産業者は少なくとも5社以上にしたいところです。また不動産業者の中には査定の際に高い数字を提示して契約を取ろうとする場合もあるので注意が必要です。もし可能であれば、昔から営業している地元に明るい不動産業者にも声をかけ、おおよその相場を教えてもらうのも役立ちます。

複数の不動産会社から一括してマンションの査定額を教えてもらえるサービスがあります。私もこの一括査定サービスを使ってマンションの査定額を見積もってもらいました。無料ですのでお試しください。

マンション一括無料査定サービス

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。


HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業500社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定が出来ます。


スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。


これはという不動産業者が決まれば、媒介契約を締結します。その際、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類の中から決める必要がありますが、どの契約方法も一長一短があります。

専任媒介契約や専属専任媒介契約は一つの不動産業者だけと結ぶ契約ですので、一般媒介契約の場合と異なり、不動産業者の真剣度合いが違います。広告費もかけて大々的にマンション売却に向けて営業活動をしますので、いい不動産業者に当たれば、いい条件でスムーズにマンションを売却することができます。

ただし、どちらの契約も3か月間を上限とする契約期間があり、期待にそぐわないような場合でもその期間はその不動産業者に縛られるリスクがあります。コンタクトした不動産業者で本当に親身になって探してくれそうな不動産業者が見つからないような場合は一般媒介契約で様子を見ることが必要な場合もあります。

買主がみつかれば、売買契約を交わしてマンションの引き渡しとなります。売却時に譲渡益や譲渡損失が出た場合には控除がありますので確定申告時には注意します。利益が出た場合には条件等によって、居住用財産の3,000万円特別控除や軽減税率の特例、特定の居住用財産の買い替え特例など、譲渡益に対して一定の控除が認められる場合があります。

また、マンションの売却により、譲渡損失が発生した場合でも、一定要件を満たすと事業所得や給与所得との損益通算や控除しきれない損失について3年間の繰り越し控除が可能な場合がありますので、専門家に確認しておきましょう。

マンション売却の一括査定ってどんなサービス?

マンションの売却を検討しているならば、一括査定サービスを利用してみましょう。

複数の業者の売却額を知りたい場合、普通ならばそれぞれの不動産会社に連絡しなければいけません。ですが、不動産一括査定サービスならば一つのサイトで簡単な情報を入力するだけで、複数の会社に見積もりを一括して依頼することができます。

物件の面積や住所を登録することによって候補となる不動産会社が表示されるので、そこから選択して問い合わせることによって、不動産会社から電話やメールで結果が報告されます。

車査定と同じようなサービスですが、大きな違いがあります。それは、がつがつした営業がないことです。不動産会社からすぐに電話がかかってきたり、しつこい営業があったりすることはありません。

マンション価格の一括査定のホームページを利用することによって、時間を節約して手間を省くことができます。無料で利用できて手軽なので、利用者が増えているサービスです。

一括査定サイトによって登録されている不動産業者の数に違いがあるので、目的の会社があるか調べてから利用してみましょう。登録されている会社すべてに一度で依頼することもできますが、依頼したいくない会社がある場合は自分で取捨選択できます。

また、依頼する物件の種別やエリアによっても表示される会社は変わるのが特徴です。マンションを選んだ場合でもワンルームや投資用だけを扱う会社、ファミリータイプがメインの会社など条件を細かく変えることによって依頼できる会社は変化します。さらに、一括査定サイトによっては匿名で利用できるタイプも存在しています。直接会社から連絡が来るのは不安だという方や、営業を受けたくないという方におすすめです。

このような一括査定サービスによってマンション物件がどのくらいの価格になるのか目処を理解したら、より正確な価格を調べるために訪問してもらい正確な価格を調べることになります。全ての会社に訪問してもらうと時間がかかりスケジュールを合わせるだけでも大変ですが、一括査定サービスを利用して対応の良さや価格の根拠などを比較することで信頼できる会社を絞り込むことが可能です。

マンションの売却価格の高さだけでなく、どうやって査定価格を出したのか理由も比べてみましょう。そうすることによって、不動産会社の特色を調べられ失敗せずに売却できます。

マンション売却での心得

自分が所有しているマンションをこれから売却しようと考えている人は、色々と注意して取り組んでいかなくてはなりません。多額の金額が動いていきますから、新調に冷静になる必要があります。

マンション売却のポイントになってくるのはいくつかありますが、まずは不動産業者選びです。マンションを売却するには、基本的に仲介業者を利用していくのですが、いくつかの不動産業者に相談して査定額を提示してもらいます。その際に特に理由もなく高い査定額を提示している不動産業者は気をつけたほうが良いでしょう。

金額が高い低いだけでマンションを売却する不動産業者を判断するのではなく、マンションの査定額がなぜその金額になっているのかが大切です。マンション売却の査定額についてきちんと説明できる不動産業者であれば信頼できます。また、どのタイミングでマンションを売却するかも大きなポイントです。

自分の都合だけですぐにでもマンションを売却したい、この時期にマンションを売りたいという思いは出来るだけ封印します。マンションの購入希望者が出てくるのは、一般的に連休が取りやすい時期になります。例えば、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始等です。この時期は多くの人々が仕事が休みになり、本格的にマンションを購入しようと思っている人が動きやすい時期になります。

よって、このタイミングでマンションを売りに出すのが理想的と言えます。また、売ろうとしているマンションの近くに将来的に大型のショッピングモール等、生活に便利なものが建てられる場合は、その時期が近付いた時にマンションを売却する方が高く売れます。よって、基本は購入者が色々と物件を検討できる長期休暇がとれるタイミングになりますが、イレギュラー的な要素もあるので臨機応変に行動するのが良いでしょう。

そして、売却するマンションの綺麗さも売れる売れないには大きな影響を与えます。お金をかけたくないので汚い状態でマンションを売却しようとしてもなかなか買い手がつきませんので、きちんとハウスクリーニングでマンション内部を綺麗にしておいたほうが良いでしょう。これらの事項に気をつけておけば、結果的に失敗せずにマンションを売ることができて、満足のいく結果を得られます。

マンション売却理由は人それぞれ!その具体的な理由とは?

人がマンションを売却する理由は様々ですが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。まず一番多いのが新規購入などを理由とした住み替えが挙げられます。子供が増えて家族構成に変化があり、より広い家に住みたいような場合や子供の教育のことを考えて、より教育環境のいいエリアで物件を購入するような場合が考えられます。また、中には念願の庭付き一戸建てを購入し、処分に踏み切り、マンションを売却する場合もあります。

また、転勤などで仕方なく、マンションを処分せざるを得ない方もいます。特に海外転勤などで、長期にわたって帰国することがないと予めわかっているような場合には売却を決断することもあります。自分がマンションに住んだり、賃貸にまわす予定がない物件を保有し続けた場合、払う必要のない固定資産税や管理費、修繕積立金などの負担しなければなりません。売却してしまうことでこれらの費用を節約できるからです。

持ち家以外でも投資用のマンションが売却される場合もあります。オーナーは減価償却などのメリットがなくなったり、投資物件の整理などを理由として処分する場合があります。投資の場合、不動産相場との兼ね合いもありますので、有利なタイミングや下落相場になる前を見計らって売却したりします。

また、親が亡くなり、遺産相続することになったマンションを売却することもあります。特に別荘など自分が住むことのないエリアの物件の場合、保有するメリットはなく、税金だけがかかってきてしまいます。貸すことも考えられますが、管理等が煩わしい場合や賃料収入があまり期待できないようなマンションの場合、思い切って売却することも考えられます。

さらには通称、「任売」と呼ばれる任意売却という方法で売却する方もいます。これはリストラや収入減少などで住宅ローンが払いきれなくなった方が強制競売を避けて、少しでも有利に自分の不動産を売却する場合に取られる手法です。競売の形を取ると、特に条件の悪い物件の場合は安く買いたたかれるリスクがあります。もしそうなった場合には残債が多く残り、将来が大変になります。そのような状況を避けるべく、この任売によって少しでも有利な価格で売却する方法がとられることがあります。

マンション一括無料査定サービス

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。


ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

更新日:

Copyright© あなたのマンション、高値で売れる! , 2017 AllRights Reserved.