不動産業者

どんな違いがあるの!?机上査定と訪問査定について

投稿日:

マンションを売る場合、仲介業者の算出する査定の結果によって売り出す価格が決定します。この査定には訪問査定と机上査定があり、それぞれに特徴があるので知っておきましょう。

まず机上査定は実際に物件を見ずに、データだけを利用して査定をする方法です。間取りや所在地、面している道路の幅などをデータにします。主観が入らない査定なので、その物件の純粋な価値を知ることが可能です。相場がどの程度なのかを知りたい場合に利用してみましょう。

仲介業者が入ってこないため、どの業者に依頼してもほとんど同じ結果になるのがメリットです。そのため、別の業者に新しく査定依頼を行う必要がありません。物件に直接入らずに査定ができるので、立ち会う必要もないです。仕事が忙しくてなかなか時間がとれない方にもおすすめできます。

またこちらの詳しい個人情報を出さずに利用できるのも、うれしいポイントです。注意点として物件それぞれの個別の事情が反映されないため、実態と離れた価格になる場合があることを覚えておきましょう。

次に訪問査定は仲介業者の査定員が直接物件に訪問して、個別の事情を踏まえながら査定を行う手段です。日当たりや周辺の環境、周りに住んでいる住民などのデータが反映されるので物件の本当の価値を知ることができます。査定員が物件に訪問することが前提なので、立ち会う時間を作るようにしましょう。

机上査定でどのくらいの相場なのを知ってから、訪問査定を利用するケースが多いです。訪問の場合は、業者によって差が出るので数社に査定依頼をしましょう。一括査定サービスを利用すると手軽に複数社に査定の依頼が可能です。

また、業者によっては机上の査定を受けなければ訪問ができないことがあるので、あらかじめチェックしておきましょう。売り出し価格を決定するための資料となるのが査定なので、慎重に行うことが大切です。

業者の比較をして良いと思った所と販売を開始しましょう。

マンション売却一括査定サイト

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。

HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業550社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定依頼が出来ます。

スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。

ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

-不動産業者

Copyright© マンション売却の極意! , 2017 All Rights Reserved.