費用

マンションを売却するのに必要な資金とは

投稿日:

マンションを売却するのに必要になる資金は項目としては税金、諸費用、手数料に分けられます。

購入した時点で価値が最大になり、その瞬間から中古になるというのが不動産のセオリーですので、購入した時よりも高く販売できることはめったにありませんが、利益が出た場合には所得税がかかります。同じく利益に対しては住民税もかかります。

売買契約書に貼るための印紙税が必要となりますが、こちらは不動産価格に従って金額が決まります。不動産業者に仲介料を支払いする場合には売却金額の3パーセントに6万円を加算し、その金額に消費税がかかります。

マンションをローンで購入している場合には抵当権の抹消登記が必要になりますし、新所有者への所有権移転登記も必要になります。

司法書士に依頼して銀行で資金の移動と共に登記手続きをすることになりますが、ローンがない場合には所有権移転登記のみで済むことになり、資金の移動日に司法書士立会いのもとで書類を登記所に提出することになります。
登記については固定資産税評価額で登録免許税が算出され、それとは別に司法書士への報酬が必要になりますしので手数料といっても金額負担は大きなものになります。

マンションが老朽化している場合や修理が必要な場合には販売するためにリフォームしなければならない場合もあります。中古物件については即入居可能な条件で物件探しをしている人も多いので、現状引き渡しよりもある程度水回りなどをメンテナンスして販売するほうが早く売却できる可能性が高くなります。

リフォームまではしなくてもクリーニングはしておくというのが一般的です。また自宅を販売する場合には引っ越し費用もかかることになります。

引き渡しで終了するのではなく、翌年の確定申告で譲渡所得税を申請してすべての支払いが完了することになります。
ローンを一括繰り上げ返済する場合にはその手数料もかかってきますし、利益が必ずしも出るというわけではないことに注意が必要です。

マンション売却一括査定サイト

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。

HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業550社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定依頼が出来ます。

スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。

ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

-費用

Copyright© マンション売却の極意! , 2017 All Rights Reserved.