売却心得

マンション売却までの具体的な流れ

投稿日:

「マンションの売却」という手続きは不動産業に携わる人を除いてそれほど頻繁に経験するものではありません。ですから円滑に手続きを進めていくためには前もって具体的な流れを知っておくことがポイントとなります。

マンションを売却する一連の流れの中でカギとなるのは「情報」です。すぐに不動産屋へ相談するのではなく、まずは可能な限り自分で情報を集めてみましょう。例えば売却を検討しているマンション内の別室、もしくは近隣のマンションで売りに出されている物件がないかを調査することによって、その地域におけるマンションの販売価格相場を知ることができます。ここである程度の目安を覚えておくことにより、続く「不動産屋との交渉」を円滑に進めることができるようになります。

マンションを満足のいく価格で売却するためには、高い販売スキルを持った不動産屋の助けを借りることが不可欠です。ですから不動産屋の選定には時間を十分にかけましょう。「これまでのマンション販売実績はどうか」「地元の人や同業者からの信頼は厚いか」といった点を徹底的にチェックすることが重要です。ただし見積もりは1つの業者ではなく複数の業者に依頼するようにしましょう。もし業者の見極めが難航するようなら、ウェブサイト上の不動産一括見積もりシステムを利用するというのも選択肢の1つです。ただし一括見積もりはあくまで簡易的なものなので、さらに具体的な値段が知りたいなら個別に訪問鑑定を依頼する必要があります。

仲介してもらう不動産屋が決まったら、媒介契約を結びます。契約が完了すると不動産屋は売主の希望金額で販売を始めます。一定期間が経過しても関心を示すお客が表れない場合には、販売価格の値下げを検討するよう勧められます。ただしいったん値下げしてしまうと後で価格を引き上げることは基本的にできないため、じっくり考えて決断する必要があります。ここが売却に関する流れの中でも特にストレスが多い場面と言えるでしょう。

購入希望者が現れると、不動産屋立ち会いのもとで内覧が行われます。中には「物件は気に入ったけど、価格をもっと安くできないか」という人もいるので、売主が納得した場合には改めて価格交渉が行われます。そこで双方が合意に至った場合、支払い方法などの詳細を確認した上で売買契約書が作成されます。その後、登記簿の内容変更など事務手続きを経た上で正式に物件の売却・引き渡しとなります。ここまでがマンション売却手続きの流れとなります。

マンション売却一括査定サイト

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。

HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業550社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定依頼が出来ます。

スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。

ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

-売却心得

Copyright© マンション売却の極意! , 2017 All Rights Reserved.