不動産業者

マンション売却時の契約種類の違いについて

更新日:

マンションを売却する場合、まずは仲介する不動産業者と媒介契約を交わします。その媒介契約には実は一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と3種類の契約形態があり、その条件は個々に異なります。以下にその違いについて触れてみます。

まず、一般媒介契約とは特定の業者に限らず、複数の業者に仲介依頼を同時におこなうことができる仲介契約です。また、仮に自分で買主を見つけてきても契約が成立しますし、媒介契約の期間も自由に決められます。その一方で、契約締結した業者からの定期的な営業報告がされないため、自分から業者側に状況確認をする必要があります。さらにご自分の物件をレインズなど指定流通機構へ登録する義務が業者になく、任意となります。

次に専任媒介契約ですが、文字通り媒介契約を交わせるのは1社に専任することとされており、複数の業者と契約することができません。また、契約できる期間の上限が3か月となっており、3か月を超える部分は無効とされます。これらの点は専属専任媒介契約も同様です。ですからその上限期間内で売却が成立しない場合は、新たに媒介契約を交わす必要があります。専任媒介契約は一般媒介契約と同様に、自己発見取引が可能ですので、自分で買主を見つけてきた場合でも契約違反にはなりません。その点、専属専任媒介契約を締結する場合では認められていませんので、注意が必要です。

さらに専任媒介契約と専属専任媒介契約では売主への定期的な営業報告義務が定められているので、状況について自分から働きかけなくても定期的に業者が状況を教えてくれます。ただし、その営業報告のタイミングは両者で異なり、専任媒介契約が2週間に1度のタイミングなのに対して、専属専任媒介契約では1週間に1度のタイミングで報告が受けれらます。一般媒介契約では指定流通機構への物件登録義務がありませんが、専任媒介契約と専属専任媒介契約では義務があります。前者が契約締結後の7日以内で、後者が同5日以内と決められています。

マンション売却一括査定サイト

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。

HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業550社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定依頼が出来ます。

スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。

ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

-不動産業者

Copyright© マンション売却の極意! , 2017 All Rights Reserved.