コラム

本当にお得?マンション賃貸のメリットとデメリット

投稿日:

転勤で異動があった時などに、今住んでいるマンションを売却するか賃貸にするかで悩む方は多いでしょう。賃貸にした場合のメリットとデメリットを比較して、考えてみてください。

メリットは毎月家賃収入を得ることができる点です。また住宅ローン金利、固定資産税が経費として認められるようになり、控除の対象になります。所有権は継続するため、将来的に売却や相続などを考えることができます。分譲マンションの強みとして、賃貸のために作られている部屋よりも設備面がしっかりしており、同じ仕様の部屋よりは高めの家賃設定を行うことができます。

デメリットとしては、部屋のクリーニングや壁紙の張り替えなど初期投資が必要となってくる点です。20万~30万円は下らず、入居者が変わるたびに必要な経費です。また空き室のリスクもあります。家賃収入がないばかりか、空き室の際にも固定資産税や維持管理費は払わなければなりません。将来売却を検討している場合は、部屋を貸し出すことによって「収益物件」という扱いになり、査定が厳しくなる傾向にあります。

貸し出しの業務や管理を不動産会社に依頼する場合には、経費が必要になります。さらに入居者が家賃を払ってくれない、事件や事故という不測の事態が起こることも考えられます。

売る場合と貸す場合とでどちらが得になってくるかは、状況によって変わってきます。不動産の立地やエリアによって、人気があって入居者がつきず、高めの家賃設定が可能であれば収益も出るでしょう。入居者を探すのが難しいエリアである場合には、売ってしまったほうが継続して払う費用が発生せず、結果として得になるかもしれません。

マンションを貸す場合には多くのメリットとデメリットがあります。それらを踏まえた上で、売る場合と貸す場合の相場についてシミュレーションをして検討することも有益でしょう。比較検討を行っているサイトもあるので、参考にしてみてください。

マンション売却一括査定サイト

イエウール

最大6社から見積もりが取れます。提携しているのは誰もが知っている大手の不動産会社から地元密着している中小の不動産会社まで1,200社以上と提携しています。一括査定の申し込み時の最後の質問で、訪問査定か机上査定を選べるのも特徴。訪問査定の方がより詳しく不動産を査定出来ます。ちなみに、一括査定申し込みの8割の方が訪問査定を選ばれているそうです。入力は60秒程度で終わる簡単なもの。もちろん無料査定です。

HOME4U

NTTデータグループが提供する不動産一括査定サービスです。NTTデータグループだけに安心して利用できます。HOME4Uが厳選した優良企業550社のうちから最大6社を抽出して査定見積もりしてくれます。NTTと聞くと不動産が連想できませんが、HOME4Uは2001年から不動産事業を始めていて15年以上の実績があります。入力も1分程度で終了するので、簡単に無料一括査定依頼が出来ます。

スマイスター

最近ぐぐ~~~んと成長してきた不動産一括査定サービスです。キャンペーンを積極的に展開しており、成約時の電話取材で5,000円もらえたりします。45秒の無料査定と書いてありますが、入力に慣れた人であれば大丈夫すうですが、私は1分かかりました。簡単であることには違いありません。こちら不動産査定もも無料で800社の中から6社を抽出して査定してくれます。

オウチーノ

全国500社の提携不動産会社が対応。1分ほどの簡単入力で一括査定が出来ます。このページは、不動産売却ガイドがありますので、かなり勉強になります。完全無料で複数不動産会社から見積もりが取れて、勉強にもなるオウチーノ。提携している会社も大手が含まれていますから、一度チェックしてみて下さい。

ReGuide

旧SBI不動産の一括査定サイトです。SBIグループから独立して運営されています。2006年からスタートした老舗サイトで10年以上の運営実績があります。一括査定では、最大10社に査定の依頼を行うことが出来ます。このサイト、自宅売却必勝法なるコンテンツもあり、一括査定を行わなくても見ておくと良いですね。

-コラム

Copyright© マンション売却の極意! , 2017 All Rights Reserved.